HYOGO TECH イノベーションプロジェクト

PROJECT募集テーマ

募集締切日
2024/07/14(日)

目指せシナジー!買い物支援サービスと行政サービスを組み合わせた新しいビジネスモデルを構築したい!

課題タイプ
  • 単一課題
課題地域
  • 三木市
担当部署
三木市 総合政策部 縁結び課

POINT

解決したい課題

未来のまちのコミュニティの創造に向けて、買い物支援と他の行政サービスを組み合わせて提供することで、民間企業が事業化可能、かつ行政負担を減らすことができる仕組みをつくりたい。

想定する実証実験

買い物支援サービスに、行政からの募集やイベントのPR、見守りなど、行政からのサービスを組み合わせた実証を行う想定。

実現したい未来

地方都市で免許返納しても、以前と同じ生活水準を保ったまま、住みたいところに住み続けられる社会。

得られるもの

・今後、免許返納後の高齢者支援ニーズは増加していくと思われるため、実証を通じて一定の成果が出れば、多くの自治体への導入が期待できる。
・社会的意義が大きい取り組みであるため、メディアに取り上げられることが期待でき、また企業として信用の獲得にも繋がると予想される。

STORY

<課題に対する思い> 

 地方において将来を見据えた場合、人口減少、高齢化に伴うまちの活力の低下に対応したまちづくりが大きな課題だと考えています。継続した人口減少を抑制する施策の効果もあり、目標値よりも緩やかな減少スピードに落ちついてはいるものの、依然として市の人口は減少傾向にあります。

 こうした状況の中、今後ますます多様化、複雑化する行政ニーズに対応することは困難が予想されます。したがって、今の間に民間事業者と連携した課題解決に係る取組を行うことで、ノウハウの蓄積や新たな仕組みづくりを進めたいと考えています。また、民間事業者が三木市を舞台に様々な課題解決にチャレンジできることを広くPRし、関係人口の拡大につながることも期待しています。

第2期三木市創生計画 人口ビジョン・総合戦略 <第5版> 」p.15より

<現在の取り組み>

 三木市では、2022年から三木市型のオンデマンド交通「チョイソコみき」を実施しているほか、様々な企業と連携協定を結び、現在進行で三木市をフィールドに実証を行っています。

<最後に一言>

 人口減少を現実として捉える段階は市内においても地域によって格差があり、まだまだ実感が沸かない可能性もあると考えています。
そこで、今回の課題を通じて行政と民間が連携し、将来を見据えたまちづくりに係る実証を行うことで、サービスに係る市民評価を得る仕組みづくりにチャレンジしたいと思っています。

 御社が持つリソースを活用し、地域課題解決につながるチャレンジを三木で実施しませんか?
 みなさまの応募をお待ちしています!

Outline

三木市 紹介

三木市は、古い歴史と自然に恵まれ、播磨国風土記には、億計(おけ)・弘計(をけ)2皇子の古代ロマンの物語が記されています。また、戦国時代には、東播8郡24万石を領した別所氏の居城があり、三木合戦によって荒廃した町は、豊臣秀吉の復興策によって商工業が活発化し、今日の金物産業の発展の基礎をつくりました。
 三木市と吉川町の合併により、名実ともに山田錦(酒米)の主生産地となり、三木金物ブランドも全国的に有名です。
 また、中国及び山陽自動車道が市域内を通過するなど、全国的にも交通の要衝として注目されています。さらに、西日本一多い25か所のゴルフ場が立地するほか、「三木ホースランドパーク」「山田錦の館」「吉川温泉よかたん」「ネスタリゾート神戸」など多彩な観光資源もあります。

この記事をシェアする