HYOGO TECH イノベーションプロジェクト

PROJECT募集テーマ

募集締切日
2024/07/14(日)

リアルタイムに危険箇所を案内して、交通事故をなくしたい!

課題タイプ
  • 単一課題
課題地域
  • 高砂市
担当部署
高砂市 都市創造部 土木総務課、道路公園課

POINT

解決したい課題

・平成25年度から「自転車交通安全対策重点推進地域」に指定されており、人口1万人あたりの自転車関係事故件数の3年間平均値が県内ワースト。そこからの脱却。

・生活道路の抜け道対策。

想定する実証実験

自転車事故が多発するエリアをピックアップし、看板やカメラ等を設置して利用者に危険箇所を通知して注意喚起し、自転車事故防止に繋がるかを検証する。

実現したい未来

今回の実証実験では自転車にフォーカスを当てていますが、「徒歩」でも「自転車」でも「自動車」でも。市民が安心して社会活動を行えるよう、安全・安心なまち高砂を実現することが目標です。

得られるもの

交通事故はどんな地域でも発生しうるため、他自治体への横展開が望めます。
また、市ホームページやプレスリリースで協働実証実験の成果を公表することで、新たな取り組み実績としてPRすることができます。

STORY

 高砂市は比較的平坦な土地柄で、自転車で移動しやすい市となっています。

 私たちは、交通事故ゼロの安全で安心な街「高砂」を実現するべく、四季の交通安全運動期間中の活動、交通安全教育、関係機関と協力した交通安全啓発活動等と交通安全施設の整備を実施しています。

高等学校での交通安全啓発活動の様子

 平成25年度からは11年間連続して自転車交通安全対策重点推進地域に指定されており、ワースト3以下になったことがなく、令和4年度から6年度においてはワースト1になっています。
※指定基準:過去3年間 における人口1万人あたりの自転車関係事故件数

 生活道路では見通しの悪い箇所が多く、自転車乗用中(及び歩行中)の死者のうち、4割以上が自宅から500m以内で発生していることが分かっています。

 また、平成25年以降の、市内での人身事故件数における自転車が関係する割合は、3割以上を推移しています。

『第11次高砂市交通安全計画の概要と施策の実施状況』より抜粋

 ですが、危険箇所の詳細なピックアップや、データに基づいた危険箇所への対策は現状できていません

 今回の実証実験では、以上を課題として、危険箇所をデータで可視化することと、その上で事故が起こりうる現場対策を行うことを想定しています。

● 市内の事故件数を減少させ抑止する。
● 自転車交通安全対策重点推進地域から除外となる。

 以上を短期的な目標として、事故抑止に効果のある対策を提案していただき、それを応用してそれぞれの箇所に合った対策を実施する際のヒントとして活用したいです。

 高砂市において、人口1万人あたりの交通事故件数の多さや抑止は喫緊の課題です。高砂市が抱える課題に対して、解決に向かうことができるよう、企業の皆様にお力添えいただきたく存じます。

Outline

背景高砂市は自転車関係の交通事故発生件数(人口1万人あたりの発生件数・3年間平均値)が兵庫県内でワースト1位です。11年連続でワースト5に入っており、市民が安全に暮らせるまちを実現できていません。
課題(詳細)幹線道路から生活道路へ通り抜けしている車が存在していることは市民からの意見等などで把握していますが、詳細の把握までは出来ていません。また、危険箇所以外にも交通事故のリスクが潜んでいる可能性があると感じています。そういった箇所でも未然に事故を防ぐための対策をより強力に進めていくためにどうすればよいか、日々検討を重ねています。
求める解決策車両起点のデータを使って危険箇所を抽出したり、運転者に違反したことを知らせる仕組みがあれば抑制に繋がると考えています。
 
また、自転車運転の走行路による解決策や私たちが想定していない民間企業の新しい解決策があればご提案いただきたいです。
想定する実証実験内容(詳細)・車速や交通量等のリスク要因を把握し、地図上で交通事故リスク危険箇所を可視化する
・リアルタイムに速度違反を行った車両に対し、違反したことをアナウンスするような仕組み
実証実験成功後の発展性車両による事故をなくしたいという意識は全国共通なので、横展開が考えられる
提案企業に求める専門性・交通事故の要因や安全対策に関する見識
・道路をリアルタイムで監視する技術
プロジェクトの進め方打合せ方法随時打合せを実施(オンライン会議対応可能)
提供可能なデータ・環境等・高砂警察からゾーン30及び時間規制箇所、交通事故発生状況図
・高砂市から第11次高砂市交通安全計画、令和5年度高砂市交通安全対策会議資料
プログラム終了後の本格導入本実証事業を通じて検証を行い、来年度以降の導入を検討する。

高砂市 紹介

「高砂やこの浦舟に帆をあげて…」と古くからめでたい謡曲「高砂」(世阿弥作)で知られる高砂市は、兵庫県南部播磨平野の東部に位置し、東に加古川が流れ、南に瀬戸内播磨灘を臨み、古くから白砂青松の風光明媚な泊として栄えてきました。
 昭和29年(1954年)には、高砂町・荒井村・伊保村・曽根町が合併して高砂市が誕生し、その後昭和31年(1956年)に阿弥陀村・米田町を合併、翌年北浜村を併せ現在の高砂市になりました。
高度経済成長期には、大阪や神戸などの大都市に近いことや豊富な用水があること、埋め立てしやすい遠浅の海岸などが企業の立地条件となって、機械・製紙・化学・食品・電力などの大工場が進出し、播磨臨海工業地帯の中核となりました。また、市制施行以来、保育園・学童保育の待機児童ゼロを継続するなど、充実した子育て環境に加え、市北部にはJR山陽本線が、市南部には山陽電鉄本線が走っており、阪神間へのアクセスも良好です。
令和6年(2024年)、高砂市は市制70周年を迎え、さまざまなイベント等を開催しているところです。

この記事をシェアする